このエントリーをはてなブックマークに追加

相撲ファンになるきっかけ

浅草、両国、錦糸町ですが、何度も行ったことのある場所ですので、色々な思い出や体験談があります。
その中でも特に印象的な場所が両国です。
両国と言って誰もが思い浮かべるのが相撲です。
私も両国で観戦した相撲が両国での一番での思い出です。
今でこそ、そこそこの相撲ファンですが、昔はあまり相撲に興味がありませんでした。
ある時、上司と同僚の3人で東京に出張する機会がありました。
上司はかなりの相撲好きとして社内では有名で、同僚と2人で「これは確実に両国に連れて行かれる」と話していました。
案の定、東京での仕事を終えた後、相撲を見に行こうと上司からの誘いがありました。
前々から計画を立てていたようで、観戦の準備はバッチリと整っていました。
あまり乗り気ではありませんでしたが、上司の誘いとあっては部下の私も同僚も断るわけにはいかず、渋々相撲を見に行きました。
初めての生での相撲観戦だったのですが、終始相撲の迫力に圧倒されっぱなしでした。
テレビで見るのとは迫力が全く違うのです。
力士達が開始の合図とともにぶつかりあう姿は、圧巻の一言です。
それから相撲に興味が湧いてきて、今では毎日の取り組みの結果を気にするまでになりました。

Copyright (C)2017行ってみよう!両国〜押上散歩道.All rights reserved.