このエントリーをはてなブックマークに追加

美味しいおやつを買いに

錦糸町に関する思い出といえば、乳糖製菓のバウムクーヘンを買いに行ったことが真っ先に思い浮かびます。
私は東京の西のほうに住んでいるので、錦糸町は普段の行動範囲外で、全く未知の世界だったのですが、地方に住むバウムクーヘンフリークの家族のために、「素朴でおいしい」と評判の乳糖製菓のバウムクーヘンを帰省する前に買っていこうと思い出向きました。
地下鉄で行ったのですが、東京の東の方って江戸時代から続く下町だけあって、錦糸町の駅や周辺にも葛飾北斎に関する看板というか、記念碑のようなものなどが色々あったのが印象深いです。
錦糸町は駅前は結構開発されている感じで、大きい商業施設があったり、人通りもかなりあったりしていたのですが、お目当ての乳糖製菓がある辺りは、駅からそれほど遠くはないのに、すっかり下町といった風情の路地でした。
こういう「駅前は都会なのに、ちょっと入ると下町」というところが結構あるのが、東京の街の面白さかなあって思います。
さて、肝心のバウムクーヘンですが、たしかに素朴でおいしかったです。
ごくオーソドックスな感じで、どんな人にもうけそうなお味でした。
もっと近くにお店があったら、しょっちゅう買いに行けるんだけどな。

Copyright (C)2017行ってみよう!両国〜押上散歩道.All rights reserved.